『悩み』に悩まず、『楽しい未来』のために悩む


人は悩みがあったり、苦しいことを乗り越えながら生きています。

「何で自分だけ」って思うこもあるかもしれません。


「悩みなんてないよ」って言っている人も悩む時期に来ていないだけなので、

自分が悩んでいることを心配する必要は全くありませんし、

悩みこそが人を成長させるものですので全く問題ありません。

でも、悩むときに大切してほしいことがあります。


それは、「悩みに悩まない」ということです。


「悩みごと」がやってきたこと自体に悩んでしまう人がたくさんいます。

例えば、「仕事が辛くて、楽しくないな~」と悩みが出てきたとします。


そしたら、「悩ましいことが何でこんなに多いんだろう~」とか、

「こんな悩みがあるなんて辛くて嫌だな~」とか、悩みが訪れたことに対して悩んでしまう人がいます。


その時に大切なのが、「悩みを解決するためのプロセスを楽しむ」ということです。


辛いことをただただ悩むのではなくて、「楽しく仕事をしている自分」をゴールにして、

「そのゴールのために一つ一つの課題をどのようにクリアしていくか」という楽しい未来のための悩みに変えるんです。


「何でうまくいかないんだ?」ではなく、「どうやったらうまくいくか?」


できなかった自分の過去に焦点を合わせるのか、楽しい未来のために解決策を考えるのか。

同じ悩んでいるようですが、結果は全く違うものになると私は思います。


■□-----------------------------------------------------------------□■

以前のメールマガジンの登録数が制限を越えたため、新しいものを開設しました。

「ひびの子育て」からの厳選記事と編集後記を追記しました。また、子育て・人育てについて書いていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000