おっちょこちょいが半分


園児にどんな大人になりたい?という質問をすると、

「おっちょこちょいが半分と、やさしさ半分を持っている人」と答えた子がいました。


立派なところと、ユニークなところを持ち合わせている人と言いたかったのだと思いますが、

「おっちょこちょい」であることをダメな部分ではなく、人の魅力であると認めているのは素敵です。


社会に出ると、ユニークさや、ユーモアを持つことによって、人に好かれたりする人徳になったりします。


一見、短所に見える部分を認めてあげることは、意外な魅力発見につながるかもしれませんね。


おへそ保育園園長 吉村直記

(佐賀新聞ひびの子育て掲載 子育てコラム H28.4.1)

0コメント

  • 1000 / 1000