「人を育てる力」とは

おへそで言う「人を育てる力」とは、「人を幸せ(笑顔)に導く」ということに尽きます。

いくら知識や学びを提供したところで、それが幸せ(笑顔)につながってなければ育てているとは言えません。成長とは、幸せになっていくためにするものであって、不幸になるためではありません。

一見、生産性がないように見えるものであっても、人が「幸せ(笑顔)」であれば、人育ては成功と言えるかもしれません。

今の発言は、目の前の人を幸せ(笑顔)にしただろうか?
今の行動は、目の前の人を幸せ(笑顔)にしただろうか?

人を幸せ(笑顔)にするためといっても、目の前の瞬間的な欲求を満たしてあげるだけではなく、それが、長期的な幸せ(笑顔)につながることが大切です。

長期的な幸せ(笑顔)を考えていくと、時には相手にとっても自分にとっても、苦労と思えるようなことを実践することも、将来的には相手の幸せ(笑顔)につながることもあるかもしれません。

次に、「人を幸せ(笑顔)に導く人」が「幸せ(笑顔)」であるだろうか?ということ。

「人を育てる力」は、まず「自己を育てる力」、「自己をマネジメント」する力が大切です。

自分自身すら幸せ(笑顔)にできなくて、人様の心を明るく照らすことはできません。

つまり「明るく、楽しく、元気よく」することです。
でも、人には「明るく、楽しく、元気よく」なれないときがあります。
そんな時でも「明るく、楽しく、元気よく」なる努力をすること。

自分自身を幸せ(笑顔)にする力で、人を幸せ(笑顔)に導くこと。

それが、おへそ流の「人を育てる力」です。

0コメント

  • 1000 / 1000