~「幸福学」が明らかにした~ 幸せな人生を送る子どもの育て方 著者 前野隆司

~「幸福学」が明らかにした~

幸せな人生を送る子どもの育て方 著者 前野隆司


今回は「幸福学」の第一人者と言われる先生が幸せになるために必要な「幸せの4つの因子」について書かれた本です。

原文のままではなく、まとめを書いていきますのでご了承ください。

・・・

子育ての一番の基本は、「あなたが幸せでいること」。「幸せは伝染する」という学術研究結果があります。

「子どもたちを幸せにしなきゃ!」と力まなくても、いえ、力まないからこそ、子どもたちは幸せに育つのです。

物理的な豊かさは、人間の本質的な幸福に寄与しません。

高度経済成長より日本のGDPは増加し、モノが増え、物質的には豊かな国になりました。

しかし、その間の国民生活満足度を見ると、実は横ばい状態となっているのです。

物質的な生活が豊かたになったとしても、人々の本質的な幸福には直接、影響しないことがこれで分かります。

一般的に、幸せには「長続きしない幸せ」と「長続きする幸せ」があることがあります。

経済学者のロバート・フランクは、周囲との比較で満足を得るものを「地位財」、他人との相対比較とは関係なく得られるものを「非地位財」と整理しました。

長続きする幸せは、非地位財によってもたらせらるとされます。この非地位財には、健康や事由愛情などがあります。

このような実証されたデータを分析し、幸せに影響する以下の「4つの心的因子」を導き出しました。

1)「やってみよう!」因子

夢や目標を持つこと。好きで、夢中で楽しく没頭できるものがあること。

小さな達成感を味わっていること。

2)「ありがとう!」因子

家族や友人など、愛情に満ちた関係、人とのつながりをつくりだしている。

人を喜ばせたり、愛情や感謝、そして親切にしたいという気持ちが幸せへとつながる。

3)「なんとかなる!」因子

「まあいいか」と気軽に構えること。楽観的で前向きでいること。

自分を認め、自分自身を好きでいること。

4)「ありのままに!」因子

他人と自分を比較することなく自分らしく振る舞う。

人の目を気にせず、自分らしく、自分のペースで過ごす。

・・・

「4つの心理因子」をつくることが幸せにつながると著者はいいます。

そのためにいくつかのトレーニングが掲載されていますが、すべては冒頭に記述されている。

親である大人が実践し、幸せ作り出していくことが子どもたちのためになるとのこと。

いつも「おへそ」で大切にしている環境と同じですね。

0コメント

  • 1000 / 1000