2月園長あいさつ「おへそっ子の成長」

今年度も残り一ヶ月と少し。

卒園児の顔を見る度に、入園の頃の記憶と共に、次のステップで活躍してくれる嬉しさと寂しさがこみ上げてきます。

しかし、年長さんの6人の成長は本当に素晴らしく、人として尊敬できる心を身に着けているように思います。

先日、ある年長さんと発展途上国について話していた時のこと。

「世界にはね、大人まで生きることが夢って人もいるんだって。」「先生、なんで、日本はそうじゃないの?なんでその人たちは大人になれないの?」「お金がなかったり、病院がなかったり、戦争があってたりするからかな~」「なんで、助け合わないんだろうね。協力しないんだろうね。寂しいね。園長先生助けてあげて。」と言うのです。

子どもというのは何も知らないのではなく、寧ろ、シンプルに正義を知っています。また、そんな言葉を聞くと、目の前の悩みごと何か本当にちっぽけで豊かな環境があってこそなのだと改めて考えさせられます。子どもたちのその優しく、強い心は、間違いなく、周りの人を豊かに、そして将来、世の中を豊かにしてくれるものと確信しております。

今回のJICA主催のグローバル教育コンクールでの受賞は、おへそ保育園と子どもたちが取り組んできた集大成です。子どもたちの心は確実に成長してくれています。21日には東京での表彰式、そして27日には祝賀会が開催されます。受賞についての詳細は改めて、皆様にお知らせさせていただきます。

残り少ない年長さんとの日々、大切にしていきたいと思います。すべての保護者様も、これから卒園まで 是非、年長さんに声をかけていただき、沢山の応援メッセ―ジを送っていただく機会にしていただければ幸いです。


おへそ保育園園長 吉村直記

0コメント

  • 1000 / 1000