褒めるシリーズ②「昨日からの成長を褒める」

空手を教えていて、すぐに覚える子もいれば、時間がかかる子もいます。

競技的に言えば、すぐに覚える子の方が伸びるのかもしれません。


だからと言って、時間がかかる子が劣っているのかと言えばそうではありません。

後から伸びてくる子もいますし、そもそも、競技という枠の中での話です。


できない経験は、できない人を認める優しさに変わるかもしれません。

だからと言って、すぐに覚える子がいけないわけでもない。


大切なのは、その子は昨日より今日、今日より明日、1ミリでもいいから学んだり、成長したりすることです。


比べる相手は他人ではなく、昨日の自分。昨日より、1週間前より、1年前より、

成長したことを「素晴らしいね」という姿勢が子どもの自信を育てていきます。


おへそ保育園園長 吉村直記

(佐賀新聞ひびの子育て掲載 子育てコラム H28.1.25)

0コメント

  • 1000 / 1000