「おやつの時間」ではなく、「たいわの時間」

おへそグループでは「おやつの時間」とは呼ばず、

「たいわ(対話)の時間」と呼称するようにしています。


多くの子どもたちと慌ただしく1日を過ごしていると、

対話という対話をしていないことがあります。

ここでいう対話とは、「日常の何気ない対話」です。


例えば「昨日、どこか遊びに行ったの?」とか、

「お休みの時って何しているの?」、

「〇〇くんって、お外遊びが好きだね~」とか、そういう何気ない対話です。


今日の保育を振り返ってみて、

「ほら、走らないよ」「はやく、準備しなさい」「〇〇しちゃダメよ」「はい、お昼寝しますよ」「トイレ行きますよ」「こんな1日だったね」という一方的な「伝達」だけでは、子どもの真の心は育っていかないように思います。


やはり、双方に言葉を交わす「対話」が大切でしょう。


「おやつの時間」と捉えるのか、

「たいわの時間」と捉えるのかで、

保育者のアンテナが変わり、

対話的なコミュニケーションが増えていきます。



0コメント

  • 1000 / 1000