「得意を生かすチームづくり と 子育て」

寒さも日を追って厳しくなってまいりました。寒さも楽しむおへそでは最近、園庭で「焚き火」をしています。焚き火は子どもたちも大好きなようで、何も言わずとも周りに集まってきてくれます。子どもたちとゆったりコミュニケーションする機会にもなりますし、火のおこし方、火の危険等も一緒に伝えることもできています。寒さも暑さも、何事も学び、楽しむ機会にすることができることを子どもたちと共有しています。


 11月は「OHESO ART FESTA」が開催されました。おへそで実施しているアートの取り組みを保護者さんに見ていただく機会、そして、アートフェスタの最後は、アーティストでもありおへその保育士由美子先生にワークショップを開催していただき、クリスマスアートを親子で楽しみました。 おへそグループは、得意を生かし合うことをとても大切にしています。人は万能にはなれません。今までしっかりと学んできたことで子どもたちに貢献することが一番、子どもたちに伝わる手段です。


由美子先生はこれまで「アートと保育は別」と考えられていたようでしたが、おへそではその必要はありません。好き・得意なことで子どもに貢献すればお互いに幸せになれます。今でも習字をずっと学び続けているつかさ先生には、子どもたちに習字を教えていただいています。器械体操をずっと続けてきた見保先生には、体育を教えていただきます。音楽が得意なひかり先生は、生活発表会での選曲も抜群です。他にも得意を発揮してくれている職員がたくさんいます。


仕事をしている時間は、生きる時間の大きな割合を占めます。その時間を辛い労働とするのか、それともワークを自身の充実したライフに変えていくのか、を考えることはとても重要なことと思います。 


 「人には良いところがひとつくらいある、神様が与えてくれるいるから」と小さい頃に恩師に教えてもらった言葉はおへそのチームづくり役立てることができています。「好きこそ物の上手なれ」のことわざ通り、人は興味関心があることには全力で注力することができるようになります。それぞれの良いとこと、得意を生かす精神は子育てにも生かすことができます。子どもも得手、不得手があります。良いところ、キラリと光ることが一つはあります。その点をしっかりと見つめてあげ、言葉にしてあげる。そうすることで、その良いところが磨かれ、その子の魅力がどんどん輝いていきます。


良いところを見つける練習はいつでもできると思います。会う人、会う人、行く処、行く処の良いところを見つける。そんな小さな積み重ねが、目の前の不満から、良いことを見つけ出すことができるように成長し、結果的に、人生を豊かに幸せにしてくれます。 


 今年は最後のお便りとなります。4月おへそこども園が開園し、規模が大きくなり、様々な困難、うまくいかないことが増えたのも事実です。しかしながら、職員一人一人がおへそのことを思い、支えてくれました。また、保護者さんからもたくさんのねぎらいの声をいただき、子どもたちにはたくさんの笑顔をもらいました。そういう支えがあって、おへそは、成長し続けることができています。感謝してもしきれません。来年もおへそをより魅力的な場所にしてまいります。ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 


 おへそグループ統括園長 吉村直記

0コメント

  • 1000 / 1000