「綺麗な花」と「雑草」


「綺麗な花」を咲かせたいな~。という人はたくさんいます。

でも、毎日、水をやり、雑草を抜き、土をきれいに保つことを実践しようとする人はグンと減ります。


これは空手の練習や、日々の取り組みにもいえることです。

空手が強くなりたいな~。という人はたくさんいます。

でも、毎日、強くなるための練習を実践しようとする人はグンと減ります。


どこかに向かいたいのなら、そこに到達するスタートを切らなければなりませんし、到着するためには、歩み続けなければなりません。


水を飲みたいなら、水道まで行って、コップを取るなりして、蛇口をひねって、口に運ばなければ水は飲めません。

人とのコミュニケーションが苦手だからといっている人もいますが、本当に上手になりたければ、コミュニケーションを学び、実践するしか改善する方法はありません。


そう考えていくと、綺麗な花を咲かせたいといっている人で、水を日々あげる実践をしない人は、実は、綺麗な花はそんなに咲かなくていいと思っているかもしれません。


空手が強くなりたいといっている人で、日々練習していない人は、実は、そんなに空手が強くならなくていいと思っているかもしれません。


そう考えると、「綺麗な花を咲かせなければ!」と虚勢を張っているだけで、

世間的に言う「綺麗な花」でなくても、自分らしい「雑草」でいいと思っている人もいるかもしれません。


自分を知って、自分がどうなりたいか、どうありたいか、というものが本当に湧き出たものがあれば、「水が飲みたいな~」といって、椅子に座ってただ待ち続けていることはないような気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000