「子ども自ら学ぶ力」「あれこれ言わないことも子どもの自立」

「子ども自ら学ぶ力」

当園では4月から学童保育も受け入れを開始し、幼児が学童保育のお兄さん、お姉さんたちと一緒に遊ぶ機会があります。砂場に行くと小学生が泥団子を作っています。保育士の先生も敵わないくらいにピカピカの泥団子を作っています。

それを見た園児たち。「うわーすごーい」と目をキラキラさせながら、見よう見まねでピカピカの泥団子を作り始めます。先生たちは介入せずに見守るだけに徹します。子どもたちは大人に「教えてもらう」ことだけで育つのではありません。子どもたちは子ども同士でたくさんのことを学び、技術を獲得していきます。大人の私たちは、子どもには「自ら学ぶ力」があるということを忘れてはならないと思います。




「あれこれ言わないことも子どもの自立」

「今日は何をしたの?」「どんな遊びをしたの?」「友達とはケンカしなかった?」

色んなことを聞いて欲しい子もいれば、ねほりはほり聞かれることを嫌がる子もいます。

親はいつになっても色んな報告を受けたいものですが、あれこれ言わないことも子どもの自立だったりします。

自分が子どもの頃を思い出しても、親に言えないことや秘密にしておきたいこともたくさんあった気がします。

親に頼り過ぎず、子どもが自分で考え、行動し、決断している過程が自立です。

時にはグッと我慢して、子どもの話さないことを楽しむ位の余裕が必要なのかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000