12月園長挨拶「すべてはあなたにちょうどいい」

すべてがあなたにちょうどいい
 今のあなたに今の夫がちょうどいい 
今のあなたに今の妻がちょうどいい 
今のあなたに今の子供がちょうどいい 
今のあなたに今の親がちょうどいい 
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい 
今のあなたに今の友人がちょうどいい 
今のあなたに今の仕事がちょうどいい 
死ぬ日もあなたにちょうどいい 
すべてがあなたにちょうどいい 


これは、お釈迦様の言葉だそうです。

お釈迦様は私たちに何を言わんとしたのでしょうか。


 「人様を責める前に、自分自身を省みなさい」ということでしょうか。

それとも、「自分の身の丈にあったように人生はなる」ということでしょうか。  


この頃、来年度に向けて準備を急ピッチで進めております。

子どもたちと過ごしたい気持ちをグッと我慢する時もあります。

職員との会話を割けない気持ちを反省する時もあります。

保護者さんと楽しく子育ての話をする時間を割けないことを寂しく思うこともあります。  


6年前、おへそ保育園が開園した時を思い出します。

私はもちろん、先生たちも数少ない経験で子どもたちの保育に必死に向き合いました。

とても外で仕事をしたり、事務に専念することなんかできませんでした。


でも、今では、それを任せることができる先生たちがいます。

私の代わりになって、子どもたちと楽しく過ごしてくれる先生がいます。

職員同士で話し合ってなんでも解決してくれるチーム力もあります。

保護者さんの気持ちを理解しながら、対応してくれる先生たちがいます。

そして、たくさんの愛情を注いでくれる子どもたち、保護者さんがいます。 

 みんなが育てた「魅力」が多くの人の心を動かし始め、とても思いのある先生方がすぐに集まりました。一生の仕事にしたいと言ってくれる先生方もいます。  


だから安心しています。

今の保育園にちょうどいいタイミングで、来年度を迎えることができそうです。 

「ちょうどいい」ことしか起きることはないのだから、不安でも、自分の力不足と思えても、前向きに捉え、一歩踏み出すことができます。

この言葉は、子育て、仕事、人間関係…など、様々なことに置き換えれるのではないでしょうか。 


11月、みらい組さんの昇級審査でのそれぞれの思いには感動しました。ひとつひとつ成長への階段を上っていく子どもたちを見るのが私自身の幸せです。

2016年最後の月に改めて、子どもたち、保護者様、そして、毎日、保育の現場をしっかりと見てくれている職員、支えてくれる家族へ感謝を申し上げたいと思います。いつもありがとうございます。  


おへそ保育園園長 吉村直記

0コメント

  • 1000 / 1000