大切なのは想い


9月2日より、短大の学生が自主実習を希望し、連絡をくれました。

電話の対応も丁寧に。


色んな保育の現場を見たいということで、アルバイトでも幼稚園に勤務するほど、とても熱心な学生でした。


どんなスキルを持っていても、想いに勝ることはありません。

空手が強くても、人のために役にたちたいという想いがなければ、それはただの暴力に代わってしまいます。


どんなに保育のスキルを持っていても、どんなに経験をしても、純粋に「子どもたちのために」という想いなくしては、何の役にも立ちません。


今回実習に来てくれた学生は、

まっすぐに子どもたちを見つめて保育していました。


「経験や実績は後からついてくる、志がなければ始まらない」

何のスキルも経験もなかった私の背中を押してくれた師の言葉を想い出させてもらいました。

学生に負けないよう、志高く、一歩一歩進んでいきたいと思います。


0コメント

  • 1000 / 1000