放課後学童クラブ「おへそ学道場」のこと

おへそ保育園は、来園度から認定こども園を開園します。

認定こども園「おへそこども園」では146名の園児をお預かりし、2階フロアでは放課後学童クラブ「おへそ学道場」を運営します。


0歳~6年生まで一貫した保育・教育環境で子どもたちをサポートしていけることは私たちとしてもとても嬉しく思います。小学校では、たくさん学び、友達との関わりを通じて大きく成長してくれることでしょう。その放課後をどのような環境にしていくかを私なりに考察しています。


  • 子どものための放課後保育
  • ホッとする居場所づくり
  • 学ぶ構えが育つ環境
  • リーダーシップ
  • 人間力
  • 学校の授業だけではできないような体験


「保護者のために預けておく場所」ではなく、やはり、子どもの育ちを最優先した場所づくりを検討していきたいと思っています。それが結果的に保護者さんの安心につながっていくと信じています。


子どもたちの「やってみたい!」に応える環境と、子どもたちの将来を考えたこちらの想いをすりあわせながら、少しずつ計画を進めている状況です。


10月からは、来年度、学童保育のスタッフになってくれる方を採用しています。

実は、私自身の小・中・高の同級生。

生涯でもっとも多くのことを語り、多くの笑いを共にし、教育についてたくさん語りあい、考え合ってきた人。佐賀北高校時代には、ど素人集団をかき集め、空手道部を私と共にゼロから立ち上げたメンバーの最重要人物です。その後、佐賀大学の教育学部を卒業し、教員になるのかと思えば、「企業に就職する。社会をみないと教育はできない。」とカッコイイことを言ったかと思えば、ずるずると教員になるタイミングを見失い…、しかし、会社では人材育成に関わり、プライベートでは教育関係の著書を読み漁り、先日は、思い立ったように教育先進国であるフィンランドに教育視察ツアーに出掛けるなど、なかなか面白く、熱い男です。園長に負けず劣らずです。そんな彼が、今回を機におへそ学道場のリーダーとして、頑張っていただけることになりました。彼と共にお仕事ができることを心から嬉しく感じています。


彼は、私自身の不足を補ってくれる、言わば、最強のパートナーです。これから、益々、おへそ保育園が楽しく、面白く、子どもたちの育ちを応援する場所になることを確信しています。


どうぞ、彼を宜しくお願いします。

そして、放課後学童クラブ「おへそ学道場」に大いにご期待ください。

0コメント

  • 1000 / 1000